弁護士選択の仕方とは

Posted on 2017-07-14

いざ弁護士を選択する際に絶対にしてはいけないのは安ければ良いという安直な考えです。特に示談交渉によって大きく示談金が変わると分かっているのなら、強く意識しないといけない点になります。弁護士費用が安いよりも、ノウハウやスキルを有している高い弁護士を選択した方が結果的に得な選択となるでしょう。

そして、知名度重視での選択もおすすめできません。登録して間もない新人弁護士が全てを対応するケースも目立ち、選択するだけの価値があるとは言い難いものがあります。基本的には登録年数をしっかりチェックし、そして交通事故被害における示談交渉の経験が豊富であるのかも合わせてチェックすべきでしょう。

弁護士の選択一つで大きな未来は変わっていきます。今の時代においては、法律相談料や着手金が無料の弁護士事務所も少なくありません。弁護士特約を利用すれば、さらに経済的な負担は軽減されます。

どの弁護士を選択するかが重要になるとともに、弁護士に依頼するかどうかも重要であるのは間違いありません。全てを被害者の方本人が対応するのは難しいです。肉体的や精神的疲労が理由で、相手のペースで話が進んでしまう可能性も高まるからこそ、弁護士の存在重要になります。

保険会社はプロ

Posted on 2017-07-09

加害者や加害者の保険会社との示談交渉をするにあたって、弁護士の存在は非常に大きいものとなるのは間違いありません。保険会社と任意の話し合いをして裁判基準をベースとしての示談金とはならないです。

これは保険会社がマニュアルに沿った対応をしているだけであって、決して本心から親切丁寧な対応をしている訳ではありません。保険会社の立場になってみれば分かる通り、少しでも支払いを少なくするためにはいち早く示談を成立させる必要があります。何も知らずに対応してしまうと、保険会社の思うツボといっても過言ではありません。

そして、こちら側も適正な賠償金を獲得するために必要となる書類や資料を用意して交渉に挑む必要があります。示談交渉次第で未来が大きく変わるといっても過言ではなく、実際に後に大きな後悔をしている方も少なくありません。法律に関しての専門知識と経験がないと、上手く立ち回るのは難しいです。保険会社はプロフェッショナル集団であるからこそ、専門家である弁護士に依頼しての対応は理にかなっているといえるでしょう。

弁護士の存在が保険会社の対応を変えるからこそ、弁護士費用がかかるとしても、弁護士に依頼をした方が良いでしょう。もちろん、弁護士費用を差し引いても十分なメリットがあります。

交通事故と弁護士

Posted on 2017-07-04

専門的な知識と経験がないのに交通事故の加害者や加害者の保険会社を相手にしての交渉をするのは非常に難しいのは間違いありません。交通事故被害に遭った方は加害者や加害者の保険会社との示談交渉を行うことになるものの、その際には親切にしてくれるものです。ただ、保険会社からの提示金額が裁判基準よりも低く、親切であるのには裏があると思った方が良いでしょう。

弁護士が介入した場合は、弁護士がおおよその見立てとなります。弁護士の存在があるからこそ、保険会社は自分らのペースでは交渉ができないと判断して対応は大きく変わるのが普通です。当然ながら弁護士費用が勿体ないと思う方もいるものの、全ての対応をしてくれる上に、経済的なメリットもあります。

自賠責基準と任意保険基準と弁護士基準の3つの基準がある中で、弁護士基準が最も高くなります。これは弁護士が介入しないとあり得ないことで、多くの方が弁護士に依頼する理由の最たるところといえるでしょう。法律相談料が無料で着手金がかからない弁護士事務所も決して少なくはありません。弁護士に依頼すべきかどうかは人それぞれで異なるものの、基本的には弁護士に依頼しての対応が望ましいといえます。

当サイトでは交通事故に遭った方がなぜ弁護士に依頼すべきかについて詳しく解説しています。全てを被害に遭った方が対応するのは不可能ではないものの、適切なとは言い難いものとなるでしょう。専門家に対しては専門家に任せるのが確実です。