保険会社はプロ

加害者や加害者の保険会社との示談交渉をするにあたって、弁護士の存在は非常に大きいものとなるのは間違いありません。保険会社と任意の話し合いをして裁判基準をベースとしての示談金とはならないです。

これは保険会社がマニュアルに沿った対応をしているだけであって、決して本心から親切丁寧な対応をしている訳ではありません。保険会社の立場になってみれば分かる通り、少しでも支払いを少なくするためにはいち早く示談を成立させる必要があります。何も知らずに対応してしまうと、保険会社の思うツボといっても過言ではありません。

そして、こちら側も適正な賠償金を獲得するために必要となる書類や資料を用意して交渉に挑む必要があります。示談交渉次第で未来が大きく変わるといっても過言ではなく、実際に後に大きな後悔をしている方も少なくありません。法律に関しての専門知識と経験がないと、上手く立ち回るのは難しいです。保険会社はプロフェッショナル集団であるからこそ、専門家である弁護士に依頼しての対応は理にかなっているといえるでしょう。

弁護士の存在が保険会社の対応を変えるからこそ、弁護士費用がかかるとしても、弁護士に依頼をした方が良いでしょう。もちろん、弁護士費用を差し引いても十分なメリットがあります。